歯科衛生士を目指すなら

歯科衛生士のおしごと

bing

歯科衛生士に関する情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯科衛生士のなりかた

歯科衛生士になるには、高校卒業後、専門学校で専門知識を学んだ後に、国家試験に合格する必要があります。また、助手と混同されている方も多いですが、助手は特に資格を持っていなくてもなることはできます。しかし、助手は医療行為を行うことができないため、口の中に手を入れる作業をすることができません。歯科衛生士は一生使える資格ですので、将来転勤のある方と結婚したり、妊娠出産などで、一度退職をしなければいけなくなった場合にも、再就職先が見つけやすいという利点があります。パートで働くにしても高時給です。そのような点からも特に女性には人気のある仕事です。

衛生士の仕事内容とは

歯科衛生士とは、2年から3年制の専門学校や大学で学び卒業、国家試験を受けて合格し、免許を有したものがその業務に就くことができる衛生士のことを指します。医院では補助よりも、虫歯や歯周病予防のためのブラッシング指導や歯石除去が主な仕事になります。歯科医の指導のもとに業務を行うと法律で定められているため独立することはできません。近年では病院や老人ホームでの重病な入院患者さんや高齢者の口腔ケアの大切さが重要視されたり、美容的に歯のホワイトニングを行ったりと、その仕事の内容と社会的な需要の巾が拡がってきています。